大阪の税理士が、会社設立・クラウド会計・確定申告など、気になる税金の事や役立つ情報をなるべくわかりやすく書いています。

キャッシュレス時代の強い味方。決済〜領収書の発行を1台でできるSquare Terminal

物種健吾
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
物種健吾
詳しいプロフィールはこちら

飲食店や小売店など、毎日の営業で欠かせない決済端末。

キャッシュレス決済が普及してきたことで、自分のお店も対応したいけれど「難しそう」「ランニングコストが高そう」と、導入に踏み切れていない方もいらっしゃると思います。

今回はそんな事業主の方にぴったりな決済端末サービス「Square Terminal(スクエアターミナル)」を紹介します。(画像引用元:https://squareup.com/jp/ja/hardware/terminal)

Squareの無料アカウント取得

※この記事には一部PRが含まれます

Square Terminalでできること

Square Terminalはアメリカのサンフランシスコに本社があるSquare社が提供する決済端末サービスです。

Square Terminalは、キャッシュレス決済、POSレジ、レシートプリンターの機能を1台でまとめてこなします。

キャッシュレス決済への還元政策や、新型コロナウイルスによる非接触の決済への需要が高まる中で、どんなお店でも簡単に利用できる端末として、いま、導入する方が増えています。

1台であらゆる決済に対応

Square Terminalはクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどの、あらゆる決済に対応しています。

最近増えてきたタッチ決済対応マークのあるクレジットカードの決済も利用できます。

対応決済方法

■クレジットカード

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discove

■電子マネー

  • Suica、PASMOなどの交通系マネー
  • iD、QUICPay、Apple Payなど

バッテリー駆動でポータブルな運用が可能

Square Terminalは1日持続するバッテリーを搭載しているので、電源に接続しなくても利用することができます。

例えば、移動販売など電源がないところでも使えますし、飲食店や美容室などでは、お客さんの席で決済を済ませることが可能です。

レシートプリンターも内蔵

Square Terminalは決済だけでなく、これ1台でレシートのプリントもできます。

この手の決済端末は「領収書は別途、手書きで用意しなければいけない」という手間がネックになることもありました。

Square Terminalなら決済から領収書の発行、受け渡しまで、スムーズに進めることができます。

Square Terminalを使う4つのメリット

Square Terminalを導入する主なメリットは以下の4点です。

  • 固定費が不要
  • 導入がかんたん
  • 決済代金の振り込みが早い
  • サポート体制も充実

メリット1:固定費は一切不要。かかるのは決済手数料のみ

Squareは「隠れた費用はありません」として、明朗なサービス料金をアピールしています。

Square Terminalの開始にともない、契約料金や毎月かかる固定費は一切ありません。Square Terminalの機器代金だけで始められ、ランニングコストは決済の都度発生する手数料だけです。

メリット2:始めるのはとてもかんたん

Square Terminalを始めるのはとてもかんたんです。

  1. Squareのアカウントをつくる(数分で完了)
  2. Square Terminalの申し込み
  3. 電源を入れてアカウントでログイン

申し込んでから数週間待つということもなく、数日のうちに決済の受付を始められます。

Squareの登録はこちら

メリット3:決済代金は最短翌営業日に振り込み

三井住友銀行、みずほ銀行であれば、売上代金は最短で翌営業日に口座に振り込まれます。その他の銀行でも毎週金曜に振り込まれるので、新たに銀行口座を開く必要もありません。

また、振り込み手数料も無料で、振り込みの情況はメールやアプリで確認ができます。

メリット4:Squareはオンラインビジネスもサポート

Squareではオンラインでビジネスをする人にも、魅力的なサービスを提供してくれています。

例えば、飲食店ではフードメニューの事前決済やテイクアウト、デリバリーの管理。小売店などは自分のネットショップをかんたんに作ることができます。

これらのオンラインショップのサービスも無料で利用でき、負担するのは決済手数料のみです。

Square Terminalの導入費用・ランニングコスト

Square Terminalを利用する際にかかる費用は以下のとおりです。端末代と決済手数料のみで利用できます。

導入費用とランニングコスト

■導入費用

  • Square Terminal端末代金(46,980円)

■ランニングコスト

決済手数料のみ

  • Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、各種交通系 IC:3.25%
  • QUICPay、iD:3.75%
  • JCB:3.95%

30日以内なら無料返品もできる

Square Terminalは購入後、30日以内なら使用後であっても、無料で返品できます。

面倒な契約もなく、気軽に始められるのがSquare Terminalの大きなメリットです。

お店のスタイルに合わせて取り入れることができるので、まずは試しに利用してみてもいいかと思います。

キャッシュレス決済に対応して、ビジネスの効率化を進めていきましょう。

Squareの登録はこちら

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455

 

毎月3社様限定、設立手数料0円で会社設立前からサポート

会社設立を終えた後に関与させて頂いた場合に、

『なぜ株主はこのようにしたのだろう?』
『役員の決め方や、決算期はこの月の方が良かったのに』…

など、事前にアドバイスをすることにより、より良い状態や節税
となっていたのにという事が多々ありました。

事業を本格的に始める会社を作る段階でその土台部分をしっかりと
築いていくことが重要です。

大阪会社設立相談センターでは、事業を始めた後の事を想定し、
長期的な視点で会社を軌道に乗せるお手伝いをしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
物種健吾
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 起業家・経営者を応援するブログ , 2021 All Rights Reserved.