大阪の税理士が、会社設立・クラウド会計・確定申告など、気になる税金の事や役立つ情報をなるべくわかりやすく書いています。

年商1億円って儲かってるの?本当は・・・

物種健吾
WRITER
 
年商1億円って儲かってるの?本当は・・・
この記事を書いている人 - WRITER -
物種健吾
詳しいプロフィールはこちら

年商1億円と聞くと、とても儲かっていそうな良いイメージがあります。
しかし実際はどうなのか、見ていきましょう。

動画での解説はこちらからとなります。

年商とは

年商とは1年間の売上金額の合計額のことをいいます。
売上金額なので、年商だけを見て儲かっているかを判断することはできません。
企業が儲かっているかどうかは利益の部分をみて判断します。
利益は売上(年商)から仕入額や経費を差し引いた金額のことを言います。

 売上(年商)ー 仕入 ー 経費=利益

仕入額には商品の原価や材料費などが含まれます。
経費には人件費や家賃、消耗品といったその他の費用が含まれます。

年商1億円の業種による違い

同じ年商1億円でも粗利益は業種によって大きく変わってきます。
粗利益とは売上から仕入額を差し引いた金額です。損益計算書では売上総利益と呼びます。

 粗利益=売上(年商)ー 仕入

業種による粗利益の違い(例)

業種 売上(年商) 仕入 粗利益 粗利率
卸売業 1億円 9,000万円 1,000万円 10%
建設業 1億円 7,000万円 3,000万円 30%
飲食業 1億円 3,000万円 7,000万円 70%
サービス業 1億円 0円 1億円 100%

一般的に卸売業は利益率が10%〜15%残ります。
売上の規模は増えますが、粗利益はそこまで高くありません。

建設業の粗利益は約30%飲食業では約70%
サービス業は仕入がないので、売上がそのまま粗利益になります。

同じ年商1億円でも業種によってこれだけ粗利益が変わってきます。

※業種によって粗利益が変わるのは?

利益率は材料費などの仕入に対して、どれだけ付加価値を付けられたかで変わってきます。
卸売業の場合は商品に手を加えず、そのまま流通させるので、粗利益率は低いです。
飲食業の場合は仕入れた材料を加工して、料理として価値を高めて提供するので利益率は高くなります。
サービス業は仕入れがなく、目に見えないサービスを一から作り出しているので、粗利益率が高くなります。

年商100億円でも儲かっているとは限らない

例えば売上100億円、仕入30億円、経費80億円の企業があるとします。

 売上100億円ー仕入30億円ー経費80億円=ー10億円の赤字

売上が100億円あったとしても、仕入で30億円、人件費などの経費で80億円かかっていた場合、10億円の赤字になってしまいます。

売上が100億円あるということは凄いことですが、
それだけでは「儲かっている」「黒字になっている」とは言えません。

年商からはその会社の売上規模が分かりますが、それで儲かっているかどうかの判断はできません。

※利益率を上げるには?

利益率を上げるには、売上を上げるか、仕入または経費を下げる必要があります。
売上を上げるには価格を上げる、値引きをやめる、などがあります。
仕入を下げるには仕入原価の引き下げ交渉などが考えられます。
経費を下げるには人件費や消耗品費などを減らすことが考えられます。

※儲けるには?

「儲ける」には売上、仕入、経費のバランスを意識する必要があります。
例えば、仕入れが少ないサービス業の粗利益が高いことは先に説明しましたが、サービス業の企業がすべて儲かっているわけではありません。
売上を稼ぐために人件費などの経費がかかったら、その分利益は減ってしまいます。

まとめ

・年商だけでは儲かっているかどうかはわかりません。
 実際の利益がどうなのか?ということが重要です。

・業種によって売上から仕入を差し引いた粗利益は全く異なってきます。
 粗利益が重要なので、売上だけでは規模感は図れません。

年商と業種が分かれば、ある程度の企業の規模感が分かることになります。

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455

 

毎月3社様限定、設立手数料0円で会社設立前からサポート

会社設立を終えた後に関与させて頂いた場合に、

『なぜ株主はこのようにしたのだろう?』
『役員の決め方や、決算期はこの月の方が良かったのに』…

など、事前にアドバイスをすることにより、より良い状態や節税
となっていたのにという事が多々ありました。

事業を本格的に始める会社を作る段階でその土台部分をしっかりと
築いていくことが重要です。

大阪会社設立相談センターでは、事業を始めた後の事を想定し、
長期的な視点で会社を軌道に乗せるお手伝いをしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
物種健吾
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 起業家・経営者を応援するブログ , 2020 All Rights Reserved.