税理士と公認会計士の違いについて

税理士と公認会計士の違いについて

税理士をしていてよく聞かれる質問の中の一つなのですが、
『税理士と公認会計士の違いについて』

 

この違いは本当によく聞かれます。
外から見ると、一緒のようなものですよね。

 

どういったところが違うのか、みていきましょう。

● クラウド会計の導入を考えている人へ
クラウド会計導入特別プラン

● サービス内容や料金
サービス案内

● 起業から法人化までの全てをまとめた記事です
個人事業主として起業し、法人化(法人成り)で会社設立するまでの全まとめ

 

税理士と公認会計士の仕事について

まず、仕事内容の違いについてです。

税理士の仕事って?

税理士の仕事は、税務代理や税金の申告など税務のサポートです。
大きく分けると、法人に対するものと個人に対するものがあります。
基本的には税金全てのサポートを行います。

 

イメージしやすいのは個人の確定申告ではないでしょうか?
確定申告の代理をしているわけですが、法人の場合も確定申告など申告が必要です。

 

基本的に確定申告などは自分で行うものなのですが、税金の制度が複雑なため、
税理士に依頼するという形です。

 

公認会計士の仕事って?

公認会計士監査がメインとなります。
この監査ですが、上場しているような大きな会社が対象です。
また、そういった会社は決算や四半期の財務情報等をインターネット上などにIR情報として掲載します。

 

この情報を基に投資家は株を購入したりするのですが、
その内容が適当に作られていたり、信用に値しないものであれば、
株を購入する投資家としては不安ですよね?

 

そこで、第3者である公認会計士が取引内容などを確認し、ルール通りに財務諸表が作成されているか確認し、監査報告書を作成します。
そうすることで、投資家も安心して株を購入できるという事になります。

 

こういった監査業務というのは、大手の監査法人が行います。
監査の仕事をするのならば、監査法人に勤めるというのが一般的です。
公認会計士の資格を取って、一から開業して監査の仕事をメインにやっていくというのは
現実的ではありません。

 

ただ、公認会計士は税理士の登録をする事も可能です。
この登録をする事で税理士の仕事を行う事ができます。

 

ですので、
公認会計士の資格を持っていて税理士の仕事をしている。
という人が結構多いです。
中小企業が接する公認会計士はこの場合になります。

● クラウド会計の導入を考えている人へ
クラウド会計導入特別プラン

● サービス内容や料金
サービス案内

● 起業から法人化までの全てをまとめた記事です
個人事業主として起業し、法人化(法人成り)で会社設立するまでの全まとめ

税理士試験と公認会計士試験の違い

 

試験内容の違いとしては、
税理士試験は会計税法
公認会計士試験は、会計監査他

 

という大きな違いがあります。
また、試験制度は税理士試験は科目合格制がある事から長期に渡り、公認会計士試験は一発勝負の短期集中といった特徴があります。

税理士試験

税理士試験は科目合格制となっています。
5科目に合格し、2年の実務経験があれば登録する事ができます。

 

必須科目の簿記論・財務諸表論
その他、
法人税法・所得税法・相続税法・消費税法・酒税法・事業税・住民税・国税徴収法・固定資産税の内から3科目を選択します。
(法人税法か所得税法のどちらかは取る必要があります)

ほとんどの人が1年間で1~2科目ずつの受験になるため、受験期間としては長くなる傾向があります。

 

公認会計士試験

2段階に分かれていて、短答式と論文式があります。
短答式に合格した人が論文式の試験を受ける形です。

試験合格後、実務補修と2年の実務経験を経て公認会計士の登録が出来ます。

短答式

マークシート形式で以下の4科目となります。
企業法・管理会計論・監査論・企業法。

 

論文式

短答式に合格すると、論文式の試験です。

科目は、財務会計論・管理会計論・監査論・企業法・租税法・
選択科目(経営学・経済学・民法・統計学から1科目選択)
の5科目となります。

 

科目合格制度というのが基本的にはないため(一部認められている)
原則1年で全ての科目をとる必要があります。

 

税理士と公認会計士の違いのまとめ

中小企業にとっては税理士と公認会計士、どちらも税理士の仕事をしている事になります。
中小企業が接する場合には同じです。

 

公認会計士は税法の勉強が試験ではあまり必要ないのですが、
税理士の登録をした後に、どんどん知識を吸収し詳しい人もいてます。

 

税理士を選ぶ際には、資格がどうこうではなく自分に合う人を探すというのが
いいのではないでしょうか。

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455
税理士と公認会計士の違いについて