【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。税理士物種 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

ハイパーリンクチェレンジ

おはようございます。物種です。

 

 

ブロガーの間で、

【ハイパーリンクチャレンジ2015】

という企画が話題になっていまして、

 

ハンドメイドのペーパークラフトや、おいしいお菓子のレシピなどを
紹介してくれているもの創り職人 ハンドメイド ルージュさんから、

バトンを回してもらいました!

 

ハイパーリンクチャレンジ2015って何?

 

今年(2015年)に自分が一番印象に残った記事と、

自分が書いたブログ記事を紹介し、

更に、2,3人のブロガーさんに、

「チャレンジしてみて!」のバトンを渡すというもの。

バトンを渡された人は自分の記事のタイトルに、

「#HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け」を付けて、

ツィッターやフェイスブックで記事をシェアします。

【開催趣旨】

「SEOでは計れない、価値がある。」
「ウェブだって、すごいんだぞ!」
「ウェブメディアだって、むくわれたい。」

現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

アワード形式にすることで、担当編集者・ライターを表彰することも目標のひとつ。

【概要】

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

・ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

【評議会】

本年は(言い出しっぺの)下記4名により評議会を開催。有効得票数による部門別アワード(※予定)と、印象に残ったコメントをピックアップして(何らかの形で)報告する。

・藤村能光
・長谷川賢人
・佐藤慶一
・鳥井弘文

 

僕が一番印象に残った記事 2015

 

記事数とアクセス数は関係ない

 

ブログマーケッターの 松原JUNICHIさんの記事で、
「ブログのアクセスアップと記事数は関係ない!毎日書かなくてもいい方法」です。

 

 

元々、私はブログを毎日は書けてないんですが、
毎日書かなくてもいいという事で”ほっ”とできた記事でした!

 

あと、私は元々アメブロで日記のように書いていたブログなのですが、
この松原JUNICHIさんのブログを読んで、

 

今年の6月にワードプレスに切り替え、
日記からコンテンツのような形で書けるようになったのは、
一年を振り返ってみて本当に大きな事だったと感じます。

 

2015年 印象に残った自分の記事

 

きっかけは、マツケンさんとのコラボ記事の関係で
リンク先に確定申告の記事があればという事で書いた記事でした。

 

他にもこういった話を頂いていたのもあったのですが、
こういった話がなければ、確定申告を掘り下げて書く事はあったかな?
とも思うので、いいきっかけを頂きました。

>>『個人事業主の確定申告のまとめ【保存版】』

 

個人事業の人で自分で確定申告をする際に参考になればと思い、
作った記事です。

 

私が2015年に印象に残った記事を聞いてみたい人

 

12月20日が期限という事なので、
これが最後のバトンになるかと思いますが・・・

 

1 大倉成人さん

 

大倉さんは、
『話すのが苦手でもトップセールスになれる営業術』
を運営されています。

 

この大倉さんの切り返しトーク
本当にきれています。
事例も見ましたが、大倉さんの人柄が分かる、

 

 

じっくり熟考された切返しトークで、
『これなら確実に効果が出る』と感じました。

 

 

営業マンの人には必須です。
E-bookも出されていて、そこに事例もあるので、
営業にかかわる人は登録する事をおすすめします。
↓↓

一瞬でその気にさせる切り返しトークの作り方

 

 

 

2 マツケンさん

 

キャバ嬢のための姫リクブログ

 

キャバ嬢のための姫リクブログを運営されている
マツケンさんです。

 

キャバクラの事を徹底的に書いていて、
働く人の心構えや、こうしたらうまくいくといった事など、
夜の街で働く人は絶対に見ておく必要があります。

ぼったくり店の対処法キャバ嬢のテクニック面の事など
情報満載です。

 

よろしくお願いします。

 

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455
ハイパーリンクチェレンジ