収入と所得の違い。年商って?

年商のイメージあっていますか?収入と所得の違い

会社の規模や業績を表現するときや、
サラリーマンの給料の話などででてくる、
年商という言葉。

 

あと、
収入所得

 

これらがどう違うか?
意外とあいまいな人が多いんじゃないかと思います。

● 起業から法人化までの全てをまとめた記事です
個人事業主として起業し、法人化(法人成り)で会社設立するまでの全まとめ

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● クラウド会計の導入を考えている人へ
クラウド会計導入特別プラン

収入と所得の違いについて

 

自営業者を例にすると分かりやすいです。

 

例えば、
個人で花屋さんを営んでいる場合

 

収入金額は、
お花の売上金額となります。

 

これに対して
所得は儲けの部分と思っていただくと
分かりやすいかと思います。

 

具体的には、
収入(売上)から仕入れや経費を引いた後の金額です。
所得=収入ー仕入ー経費

 

収入=お花の売上
仕入=お花の仕入
経費=家賃や消耗品・給料などその他の経費

 

このように収入と所得は全く違います。
収入がマイナスという事は基本的にはありませんが、
経費がかさみ赤字の場合などは
所得がマイナスという事になります。

 

あと、年商ですが、
このお花屋さんの例でいくと、
収入と所得のどちらに近いでしょうか?

 

年商だけでは業績が良いかどうかは判断できない

 

年商
1年間の売上合計ですので、
今回の例では、収入と同じ意味という事になります。
先ほどのお花屋さんの例でいくと、年間のお花の売上合計という事になります。

 

この年商という言葉ですが、
大きければ絶対にいいというものでもありません。
年商10億円というと、
いい会社という感じでイメージはいいかと思います。

 

ただ、
年商10億円で、
所得(儲け)がマイナス 3,000万円の会社
という事もありますし、

 

逆に
年商1億円で、
所得(儲け)がプラス3,000万円の会社も
あります。

 

単純にこの2つを比べると年商1億円で所得(儲け)が
3,000万円ある方がいいですよね。

 

年商で企業の規模はある程度分かりますが、
その会社が儲けているかどうかは別問題ということです。

● 起業から法人化までの全てをまとめた記事です
個人事業主として起業し、法人化(法人成り)で会社設立するまでの全まとめ

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● クラウド会計の導入を考えている人へ
クラウド会計導入特別プラン

サラリーマンの場合の収入と所得

サラリーマンの場合の収入と所得

 

サラリーマンの場合、
収入というより、
年収○百万円というように表現することが多いですね。

 

この場合の年収(収入)は、
社会保険や税金などが控除される前の額面の金額となります。
(振り込まれる手取りの金額とは違います)

 

これに対して、サラリーマンの所得金額。
こちらは、
所得限度で給付を受けるなどといったときに
使う事があります。
例えば、児童手当の受給は、
この所得金額によって受給金額がかわります。

 

 

計算方法としては、
所得金額=収入金額―給与所得控除額
という計算です。

 

この給与所得控除額というのは、
サラリーマンの必要経費として
税法上認められている部分となり、
収入金額から引きます。

 

 

例えば、年収600万円のサラリーマンの場合、

 

給与所得控除額は174万円ですので、
所得=600万円ー174万円で、

所得金額は426万円という事になります。

 

給与所得控除は、収入によってかわりますが、
こちらの表で計算します。
 
【平成28年分】

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 12,000,000円以下 収入金額×5%+1,700,000円
12,000,000円超 2,300,000円(上限)
● 起業から法人化までの全てをまとめた記事です
個人事業主として起業し、法人化(法人成り)で会社設立するまでの全まとめ

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● クラウド会計の導入を考えている人へ
クラウド会計導入特別プラン

収入と所得の違い・年商についてのまとめ

 

このように同じ数字でも
前提によって変わってきます。

 

例でもありましたが、
年商10億円で所得がマイナス3,000万円の会社と
年商1億円で所得がプラス3,000万円の会社、
どちらが儲けているかというと、年商1億円の会社です。

 

もちろん、そこだけでは判断できないのですが、
年商の数字だけに惑わされない事は必要です。

 

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455
年商のイメージあっていますか?収入と所得の違い