マイナンバー制 通知カードと個人番号カードの違い

マイナンバー制 カードの違い・中小企業への影響

 

いよいよ番号が通知されたマイナンバー制ですが、
実はこの番号が記載されるカードは2種類あります。

 

この2つのカード、
結構ごちゃまぜになっている人も多い様な気がします。

 

通知カード個人番号カードというものですが、
これらの2つのカードがどう違うのか?
必要性やその違いについて焦点を絞り比較していきます。

 

マイナンバーが届く通知カードってどういうもの?

 

【通知カード】
マイナンバー 通知カード

 

通知カードはいつ届くの?

 

この通知カードは、平成27年10月5日以降に住民票の住所へ
簡易書留で郵送されました。
実際には、郵便事情により地域によって違いましたが、予定より少し遅れましたが、平成27年中にはほとんどの場所で
一旦は配送されたようです。

※予定より少し遅れましたが、平成27年中にはほとんどの場所で
一旦は配送されたようです。

 

ちなみにカードの裏に書いているウサギは
マイナちゃんというキャラクターです。
なんと、ツイッターのアカウントも持っています。
(私もさフォローしています)

マイナちゃん

 

① 通知カードは誰に届くの?

 

住民票のある人全員に送られますので、
子供ももちろん、0歳の子であっても届きます。

 

また、外国人の人も住民票があれば届きます。
逆に日本人であっても住民票がないとマイナンバーもありません。

 

② 通知カードは本当に全員に届くの?

 

参考として、選挙の際に送付されている選挙用紙ですが、
約5%は届かないようです。
この選挙用紙は普通郵便ですので、転居済みでもポストさえあれば
一応送付は完了した形になります。

それでも5%は届いていません。

 

今回は簡易書留ですので、届かない率は5%どころではなく、
受取拒否などもあり、かなり多い様です。

 

③ 通知カードには何が書いているの?

 

この通知カードは、紙のカードとなり、
マイナンバーの他、4情報といわれる

 

名前・住所・性別・生年月日が記入されています。
また、顔写真はなく身分証明書としては使えません。

 

 

個人番号カードってどういうもの?

 

【個人番号カード】
マイナンバー 個人番号カード
① 個人番号カードは通知カードと何が違うの?

 

通知カードは住民票がある人全員に送付されますが、
この個人番号カードは取得が任意です。

 

来年の1月(平成28年1月)以降に
通知カードと引き換えに取得する形になり、
電子的な情報をカード内に保存できるICカードの形態となります。

 

また、個人番号カードは顔写真付きで
身分証明書として使える点が大きく違う点です。

 

② 個人番号カードは便利なの?

 

個人番号カードの現時点での使い道と便利かどうかですが、

・身分証明書としての利用
⇒免許証がある人は免許証でOK

・確定申告のときに電子署名できる。
⇒カードの読み取り機は別途必要なため、
利用する人は増えるとしても一部の人となりそう。

・平成29年1月から始まるマイナポータルというサイトで、利用できる。
⇒実際は導入が始まってからになるが、何かには使えそう。

・市区町村によっては、コンビニで、住民票や印鑑登録証明書などの
 証明書を取得できるようになる。
⇒ 便利。

・行政サービスに利用できる(図書館カードなど)
⇒便利そうな感じ。

 

③個人番号カードは取っておいた方がいいの?

 

という事で、この個人番号カード。
取っておいた方がいいのでしょうか?

 

正直、今すぐ必要というわけではないですが、
今後このカードを使って色々なサービスの提供が
されていくことが予想されます。

 

という事で、
私は既に申請しましたが、差し当たって
すぐに必要というわけではありません。

 

マイナンバー制による中小企業の影響で予想されるもの

 

マイナンバー制 中小企業への影響

 

最後にマイナンバー制で中小企業に関係してくる事を書きたいと思います。

ゆくゆく各個人の所得が補足されて管理されるというのは
よく書かれていることだと思います。

 

また、セキュリティ問題もよくいわれているところですし、
今後このマイナンバーが広がるにつれ、様々な影響は追加で
出てくるかと思います。

 

その他に現状、
予想されることとして、

 

① 企業の社会保険の未加入問題の取り締まり強化

 

中小企業のうち、約80万社が未加入と言われている
社会保険の未加入問題、これが厳しくなるのが予想されます。

 

ここ数年、そういった傾向はありましたが、
ここ2~3年でかなり厳しくなるんじゃないかと予想しています。
中小企業にとって、給料の約15%程度の負担がある社会保険は
大きな問題です。

 

法人は社会保険の加入が必要ですので、
その社会保険の負担を見据えた経営を行っていく必要があります。

 

②新地などの夜の街からお姉さんが減るかも・・・

 

これはマイナンバー制により、
今までは、昼はOL・夜はクラブなどで働いている人が、

 

そういった事が難しくなるとともに、
難しそうと感じる事で、
結果、夜の街の経営者は人材確保が難しくなってきます。

 

すぐにという事にはならないと思いますが、
数年後にはそういった問題が出てくる事が予想できます。

 

今後もこのマイナンバーにより様々な影響もありそうなので、
注意深く見ていく必要があるなと思います。

 

 
>>夜の仕事をしている人のマイナンバーについて書かれています。
  (私も監修しました)

キャバ嬢にマイナンバーを分かりやすく徹底解説【税理士監修】

 

 

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455
マイナンバー制 カードの違い・中小企業への影響