売掛金と売上の関係【決算書の読み方】

売掛金と売上の関係【決算書の読み方】

会社の決算書を見るポイントとして、
売掛金と売上の関係があります。

 

この2つを関連付けて見る事で、
貸借対照表と損益計算書の関連性が深まります。
売掛金は、貸借対照表の流動資産の部、
売上は損益計算書の営業収益に表示される項目です。

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● 20秒で会社設立が有利かどうかの診断依頼ができます。
会社設立無料診断サービス

売掛金って?

 

関係性を見る前に売掛金の意味ですが、
期末に売上があがっているけど、
代金は翌月以降でまだ未回収というものです。

 

例えば、
毎月200万円の売上があって、代金は翌月末に入金されるという場合です。
3月末に売り上げた200万円⇒4月末に入金
という事になります。

【仕訳】
3月末 売掛金200万円/売上200万円

 

この会社が3月決算の場合、
3月末で売り上げた200万円が売掛金として残ります。

 

 

これが、翌々月入金の場合ですと、
2月の200万円と3月の200万円の
合計400万円が3月末時点での売掛金残高となってきます。

【仕訳】
2月末 売掛金200万円/売上200万円
3月末 売掛金200万円/売上200万円

 

売掛金と売上の関係について

 

売掛金と売上の関係について

 

売掛金の意味は分かっていただけたでしょうか?
ここから、売掛金と売上の関係についてです。

 

例えば、
年間売上が1億2千万円で、
月の売上が毎月1千万円の会社があるとします。

 

この会社で決算書に4千万の売掛金が載っているとどうでしょう?
月の売上の4か月分です。
多い・少ない、どう思われますか?

 

もちろん、売上から入金までのサイクルが長い業種もあるので、
そういった会社であれば4カ月分の売掛金があるというのもありえます。
また、
『期末直前にいつもより大きな売上が上がって回収はまだ』
という場合には、こういう状態になることはありえます。

 

 

ただ、そういった特殊事情がなければ、
4カ月分残っているというのは多いです。

 

 

売上から入金のサイクルで多いのは、翌月か翌々月です。

という事は、
月の売上の1~2か月分が売掛金として残るというのが通常の状態です。

 

売掛金残高が多いと?

 

先ほどの例の様に、
売掛金が売上の4か月分もあるとなると、
多いなと感じますし、不良債権があるのでは?
という疑問も持ちます。

※不良債権
売掛金などの債権のうち、
回収が著しく困難なものや実質的に回収不能なものをいいます。
売掛金は回収してお金になるもので、会社の決算書上は
流動資産に表示され、会社としてはプラスのものです。

 

そのプラスの中に不良債権があると、
数字上、実際の状態よりプラスが大きく見えてしまう事になります。
回収できないもの(回収の見込みのないもの)をプラスに表示している事になるので。

 

 

銀行など外部の人が決算書を見るときに気にするのは
こういった見た目の数字と実際とのズレの部分です。

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● 20秒で会社設立が有利かどうかの診断依頼ができます。
会社設立無料診断サービス

売掛金を回収できないのは思った以上に痛手

 

売掛金を回収できないのは思った以上に痛手

 

売上は回収して初めて成果が上がります。
前金としてもらう場合や、現金と引きかえという場合は、
回収面でのリスクはありません。

 

売掛金の様に後で代金を回収するのは、サイクルが翌月・翌々月など
期間にかかわらず、回収できないリスクを負う事になります。
『決算が赤字だから業績が悪い?会社の実態を見抜くには?』

未回収分を取り戻すには?

 

この未回収の金額なのですが、

 

例えば、10万円の商品を販売して未回収となった場合、
もちろん、その代金の10万円は入ってきません。

 

それでは、
この未回収のために追加でどれだけこの商品を
売る必要があるのでしょうか?

 

ここが重要です。
単に10万円だけを捉えていると大きな勘違いになります。

 

未回収分を取り戻すのは大変

 

この商品の粗利益率が20%の場合。
未回収の10万円分を取り戻そうとすると、50万円分売る必要があります。
50万円×20%=10万円

 

粗利益率が20%だと、同じ商品を5倍売ってやっと同じ粗利になるという事です。
ここが最低ラインで、本当はこれ以上に諸経費や人件費・時間が必要となります。
という事は、未回収の商品のために予定より追加で
その5倍を売ってもまだ足りないという事です。

 

中小企業にとって、この未回収のリスクというのは本当に大きいものです。
一つの未回収で資金繰りに追われる可能性もあるので、
得意先の動向には注意を配る必要があります。
特に支払が何度も遅れるといった場合などは要注意です。

一番いいのは、前金でもらう事です。
あとは、進捗に応じて入金してもらう形をとれば、
未回収のリスクは少なくなります。

 

>>次のページは
『貸借対照表と損益計算書、どっちが重要?』

 

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455
売掛金と売上の関係【決算書の読み方】