大阪の税理士が、会社設立・クラウド会計・確定申告など、気になる税金の事や役立つ情報をなるべくわかりやすく書いています。

借入金の返済が経費になるかどうかは一番間違えやすいポイント!

物種健吾
WRITER
 
借入金の返済が経費になるかどうかは一番間違えやすいポイント!
この記事を書いている人 - WRITER -
物種健吾
詳しいプロフィールはこちら

 

『借入金の返済は経費にならないの?』
という質問を受けることが本当によくあります。

 

何年も経営している社長でも
ここのところがわかりにくいようで、
かなりの人が経費になると思っているのではないでしょうか?

 

『借入金を返せばお金が減るのだから経費じゃないのか?』
という気持ちはよくわかります。
お金は出ていってますので。

 

私も初め、この事が分かりにくかった覚えがあります。
動画でも解説しています。
『借入金の返済は経費になるの?』

 

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● 20秒で会社設立が有利かどうかの診断依頼ができます。
会社設立無料診断サービス

借入金の返済と借入金の利息について

 

借入金の返済と借入金の利息について

この借入金の返済ですが、
文面の流れからもわかると思いますが、
経費とはなりません。

 

お金が出ている=経費
という事ではないのです。

 

この借入金が経費かどうかの質問を受けた時には
こういった事をよく言っています。
『借入金を借りたときは売上に上げますか?』

 

もちろん、借入したときには売上に計上しません。
ということは、返済したときにも経費にはできません。
借入金の返済は借りたものを返すだけという事です。

 

ただ、プラスして支払う借入金の利息は
支払利息として経費に計上することができます。

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● 月に3社様限定。会社設立無料キャンペーンを実施中です
大阪会社設立相談センター

● 20秒で会社設立が有利かどうかの診断依頼ができます。
会社設立無料診断サービス

お金が出ているのに経費にならない。

 

お金が出ているのに経費にならない。

 

ここで注目するポイントとして、
借入金の返済はお金が出ているのに経費とはならない。
という事です。

 

この部分で少なくとも損益とお金とのズレがでます。
例えば、利益ゼロの会社でも、
借入金の返済が200万円あれば、
お金は200万円マイナスという事です。

 

利益がゼロでもお金は200万円減ってしまうという事です。
⇒ 『利益とお金の関係をつかめば財務が分かる!』
このようなズレは借入金だけでなく、
実は車や備品などの資産の購入など他の事でも起こってきます。
この損益とお金とのズレがあるという事を理解しておく
必要があります。

 

こういった利益とお金のズレがあるので、
資金の管理というのが特に重要となってきます。
利益が出ているから、会社は大丈夫という事ではありません。

⇒ 『倒産しないための資金繰り表の作り方』

 

お知らせ
● 会社設立を考えている人へ。月に3社様限定の会社設立無料キャンペーン
大阪会社設立相談センター

● 会社設立のポイントを7日間で解説(無料)
会社設立ステップメール

● サービス内容や料金
サービス案内

会社設立やご相談のお問合せ ⇒ TEL:06-6221-3455

 

毎月3社様限定、設立手数料0円で会社設立前からサポート

会社設立を終えた後に関与させて頂いた場合に、

『なぜ株主はこのようにしたのだろう?』
『役員の決め方や、決算期はこの月の方が良かったのに』…

など、事前にアドバイスをすることにより、より良い状態や節税
となっていたのにという事が多々ありました。

事業を本格的に始める会社を作る段階でその土台部分をしっかりと
築いていくことが重要です。

大阪会社設立相談センターでは、事業を始めた後の事を想定し、
長期的な視点で会社を軌道に乗せるお手伝いをしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
物種健吾
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 起業家・経営者を応援するブログ , 2015 All Rights Reserved.